四万十ヒノキのお話

お客様が今 手にしてくださった「レールシェルフ ヒノキ」のヒノキでできた棚板は 四万十川の中流域の山で育ちました。 皆様の手に渡るまで、20年も30年も掛けて育ってきたのです。

山を守るというのは 大変な仕事なのですね。1m級の板が取れるような木が育つには、100年という歳月が必要だそうです。

ですから、その山を守っている人達は 100年という単位で計画を立てています。どの辺りにいつ苗木を植えるのか、どの辺りの木を 間引いて、日当りよく風通しよくするのか、どの辺りのどんな木をどれくらい切って、使っていくのか・・・。

そんな大きな木を育てるために間引かれる木も、20〜30年の歳月をかけて育てられています。昔はそれをただ捨てるしかなかったそうですが、今は幸い技術が進んで、集成材という形 にして使っていく事ができる様になりました。それがこの棚板になっています。

その山を育てて守っている集成材工場の竹内さんがおっしゃるには、木はその年輪を見ただけで、育ってきた歴史が分かるそうです。

育ったのは山の南側なのか北側なのか、どんな場所だったのか。台風や雪や風の害にいつ有ったのか、枝はいつ払ったのか・・・・そんなことまで分かるそうです。
この写真の木は上部の黒い所はぽこぽこで使えません。傷のある部分を巻く様に木が育っています。
こうしてその木の特徴を良く知った上で、その各部分をどう生かして使っていくのかを決めるそうです。

その山を見てきました。この写真の山は伐採後、50年経ってやっとこんなにきれいな山になりました。草や色々な木が生え、山は光と風が通っています。 水もきれいになるので日本最後の清流と呼ばれる四万十川もまた山と共に守られているのです。 伐採した木をおろすのに、また色々気を使い工夫を重ねます。 まず道を造らなくてはいけません。 その道がまた山を傷つけたり川を汚したりしないよう、また防火の事も考えて道を造ります。 木の事だけではなく草やこけやシダの事まで考えに入れます。

山からおろした木はこのような貯木場に集められます。等級や大きさによってまとめて山ができています。 スケールの大きさが分かりますでしょう? 私達が使う棚板になる木もこのように丁寧に時間をかけて乾かしてもらっています。こうすると美しいピンク色になるのです。

私達が使っている棚板について説明しましょう。 この写真で分かる通り、アルミとヒノキをはめ合った部分に段差ができないよう少し削ってもらっています。 これで、棚部分がフラットになったので、CDなどを立てていただくのにストレスがありません。
また、この表面は赤ちゃんがなめても大丈夫な塗料を使って、家具の様に二度塗りをしてもらっています。 一度塗って磨いて、また塗るという作業です。 柔らかなカーブは お使いいただく時の「なじみよさ」のためです。

また、塗料だけでは無く、集成材を作るための接着剤も4☆、つまりシックハウス対応の物を使っています。 このように 心を砕いて作業をしてもらっています。

私がどうしてもこの工場の板を使いたかった理由が他にもあります。
それはこの工場が 接着した集成材を乾かすのに、この工場で出た木片や木屑を燃やしたボイラーの熱を使っているという事です。

つまり、石油や石炭のような化石燃料を 私達の世代で使い尽くすような事の内容、次の世代 によりよい環境を残していけるよう、この工場では平成元年から そのような機械を入れて、 自社で循環するようなシステムを作り上げているのです。 もう20年以上も前からです。今は木を切るときのチェーンソーのオイルも自然派の物を使っています。

100年の計画を立てて山を守るというのは、ただ、山に関する事にとどまらずそのような細やかな心配りでありとあらゆる活動をし、ものつくりをしていく事なのですね。

山を守るには そうして作られた製品が理解され指示され、売れていかなくてはなりません。
皆さんがお買い上げくださった事はこうしてこの美しい山を守っていくための大きな力になっています。
感謝とともに このレポートをお届けいたします。

株式会社 久宝金属製作所
代表取締役 川添光代