n-bench

W 1200 × D 360 × H 360
W 360 × D 360 × H 360
四万十ヒノキ集成材
アジャスター4箇所付
環境対応型無鉛塗装仕上げ
(UVカット、F☆☆☆☆、食品衛生法適合)

n-bench について             プロダクトデザイナー 秋田道夫

まずデザインするものを決める前に、清流で名高い高知県にある四万十川と川そばにある大正町集成材工場を訪問しました。
四万十川流域には、日本有数の整備された檜(ひのき)の樹林があります。
大正町集成材工場は、樹木の生育段階で発生する間伐材の有効利用を長年研究されていますが、そこで誕生したのが木のブロックを集めて接着圧縮した集成材です。

檜には香りの良さと殺菌作用という利点がありますが、その特性に加えて集成材には、木材でありながら湿度や温度による収縮がほとんど発生しないというおおきな利点を持っています。
集成材でなにを作るか思考する中で浮かんできたのが、四万十川に何本も架けられている「沈下橋(ちんかばし)」でした。
沈下橋は、橋にあるべき欄干がありません。さらに橋の側面と橋脚には大きな曲面がほどこされています。

そのカタチは、四万十川が増水・氾濫した時、水面下に「沈む(沈下)」ことを見越して作られています。つまり水に流されない為の工夫によってできたカタチなのです。
わたしは、その沈下橋がベンチを並べた姿に見えたのです。
ベンチは個人というよりは複数の人が共有して使うものであり、橋と同様に「共有」するものとしての「姿」がみえます。一人でも二人でも時には三人でも使える自在さがあります。

同時にやや低めのベンチは、時には本を読むために寝そべったり床にすわって書き物をするための机として使えるかと思います。
それは使う人それぞれの「工夫」にゆだねられています。

n-benchは、材料の厚みを感じさせない為の面取りや、全周にほどこされたやわらかい曲面の高い木工技術と、ひのきの香りや手触り、人を受け止めてくれるようなソフトな座り心地といった自然の持つおおらかさの両方のよさが体現されています。
おおらかさと精密さの絶妙なハーモニーが座るカタチになりました。


-

縁を結ぶベンチ             株式会社 久宝金属製作所 代表取締役 川添 光代

昔、夏になると縁台が出され人はそこに集いました。
将棋をするお父さん達。孫をおぶっているおばあちゃん。汗を流してさっぱりして、いつになく色っぽいお母さん。周りで子供達はきゃあきゃあ遊んでいます。
もちろん近所の人達皆がそこに集っていたのです。
このベンチには そんな人と人との繋がりの再生ヘの願いが込められています。

座ると驚かれるでしょう。このヒノキは お尻をふわっと柔らかく受け止めます。
立ち上がろうと手をつくと職人によって磨き上げられた表面はあくまでも柔らかく手にしっくり馴染む事が分かります。

座面が丁度、真四角のベンチもできました。
ここに座って独りで黙考も良いでしょう。

このように組み合わせて 使う事もできます。

四万十ヒノキ・職人・縁台・人の集い・・・・・これらのキーワードをデザイナーが今の生活に合う形に作り上げました。
そして、その形は実は、四万十の人達の生活を支えてきた「沈下橋」の形でもありました。

床にぺたっと座り込んで、これを机代わりに使うとしたら、それは願っても無い事!住まいをフレキシブルに使いこなしてきた日本の生活が、このベンチで改めて実現できるとしたら、そんなに嬉しい事は有りません。シンプルな暮らしは「工夫」を呼びます。「KUFU」はそんな日本人の知恵が今に生きる事を実現しているブランドです。