kinder hook

サイズ/
W 660 × D 280 × H 30
ベース/
四万十ヒノキ集成材
フック/
天然木・オスモカラー5色
(ドイツ製自然塗料)
耐荷重/
全体で5kg
フック1個あたり1kg

キンダーフックの製作にあたって。丸橋幸弘

子供はかたづけないものです。
帰ってくれば通園、通学のバッグはそのまま、かたづけない。これは困ったものです。
子供の負担にならずに楽しくおかたづけが出来ると言うことをテーマに考えました。
気ままに掛けるところを自由にかえて、自分のことは自分で出来る、少し自立できればと言う願いです。
ベースは、四万十檜の集成材を使い、木の自然な香りと暖かさ、フックは滑らかな形状で、色は植物油で出来た安全なオスモカラーを使っています。
自然と生活のなかで楽しく躾ができたら・・・・・という思いでつくりました。

商品開発をした事のない社員で創る『はじめての商品開発』キンダーフック SAKANA編

子供が楽しくお片付けできるコートフック

はじまりは2009年。
『新商品のアイデア』を募集すると言う社長の一言でした。
実現可能かどうか気にせずどんどんだしていいと言う事でしたから、みんな楽しくなってやる気満々です。
我が社は社員10人の町工場ですが、約1年で400件以上のアイデアが出ました!
冗談のようなものもありましたが、中には『これ本当に売れるんじゃないか...』というアイデアもあり、実際にその中のアイデアを参考に社員(商品開発未経験者!)だけで商品化させる事になりました。
1人1個商品化するのは難しいので、2チームに別れて進めていく事になりました。

そこで結成されたのが、我がチーム。メンバーは平均年齢53歳。

まず、400以上の中から候補を選ぶ事にしました。しかし、工場での仕事もあるのでなかなかみんなで集まって会議をする時間をとることができません。

ある日メンバーの一人が孫のところへ行くと、通園バックや帽子は下に置きっぱなしでそのまま外へ遊びに行っていました。
彼は「なんて情けない」と思い、「なんとかならないか」と考えました。
そんな事をチームで話したところ、それをテーマにすることになり

"孫(子供)の為の" 大人も子供も使えるコートフックの開発が始まりました。

何もかもがはじめての事だったのでどうせやるなら他には無い楽しいものをと意気込み、沢山のアイデアを出し合いました。
又、インターネットでも他社製品を調べました。「コートフック」や「フック」等の言葉で検索すると山のように出てきます。もう新しいものは思いつけないくらい色々なタイプのものが沢山あります。
ガッカリしながらも「ここで諦めてなるものか!」と他社の製品を分析しました。
各タイプで これは良いと思うものを選び、条件として思いつくものをいくつもだします。
それをX軸とY軸にして、それらを色分けのグラフにして行きました。
どれにも色々な特徴がありますが、「子供が使える」物にしたかったので、その分析結果から【シンプル・楽しい・自由性】を売りにし、それを全て満たす事のできるものを目標に商品開発をする事にしました。

開発者目線とお客様目線の違い

はじめての商品開発という事で、セミナーにも行きました。
モニターアンケートにも臨みました。皆で何度も会議を重ねて選んだ3つのアイデアを、それぞれ使っているシーンの絵にしてモニターの皆さんに見てもらいました。
しかし、アンケート結果でわかった事は、自分達は買ってくれる人の事はそっちのけで自己満足だけでやっていたという事でした。
他社の可愛いものやカッコいいフック、シングルタイプやスタンドタイプ等沢山の製品に気を取られ、いつの間にか"孫(子供)の為に"から離れてしまっていました。
ついこの間までは完全にお客様目線でいたつもりだったのに...これではいけないと立ち直り、アンケートの結果も参考にしながら新たに決めたのが【子供が楽しくお片付けができるフック】です。「大人も子供も」と欲張るのは止めました。
そして以前からアイデアでは出ていたシフト式を取り入れる事にしました。
シフト式はフックを移動させる事ができ、遊び感覚でなおかつ楽しくお片付けができるのではないかと考えたのです。

お客様目線での商品開発 = 当たり前の事を大切にする

色々な人に会って沢山のアドバイスをもらい、少しずつですがメンバーでの意見もまとまり、形状等も決まりました。試作も何個も作りました。
子供達が使いますので 安心安全が第一です。
実際に触って使っていただければわかりますが、フックもベースの木も「角」を落としケガをしにく、手触りがとても気持ちよいものになりました。がたつきも無くしました。
当たり前の事を大切にし、形にしていきました。

安全・環境にこだわった素材選び

こだわったところは多々ありますが、大きくは2つ。

  1. 1. 取り付け金具以外は『木』を使用する事にしました。
    私達は株式会社久宝金属製作所と金属会社ですが今回は金属で作ることではなく、安全・環境にこだわることにしました。
    そして、子供用のコートフックという事もあり、環境にも優しく人にも優しい四万十檜を使用する事に決めました。
  2. 2. フックに塗っている塗料も大切です。
    子供さんがフックは口に入れる可能性があるので世界35カ国で使用されている植物油ベースの自然塗料"OSMO"を使用する事に決めました。
    もちろん子供が舐めても大丈夫な安全な塗料です。

プレゼントした側・された側の思い出になる商品

パパ・ママ、おじいちゃん・おばあちゃんが3〜10才までの子供さんやお孫さんにプレゼントして頂く場面を想像しました。
子供さんにはフックを使ったお片付けを楽しみながら、木の持つ温かさを感じて頂きたい。
シンプルなデザインにこだわったのは子供さんが大きくなってもインテリアとして長く使っていただけるようにとの想いからです。
長く使う事により、大きくなったときに「魚の形をしたコートフックがあったな」と思い出していただけるような商品となれば幸いです。

時間をかけて何度もつまずきながら仕上げました

成功した事より失敗したことの方が多く、商品化に時間はかかってしまいましたが、その分お客様目線になって考える時間も多くあり、とてもいい仕上がりになりました。
沢山こだわった事も 解決できました。
必ず満足して頂ける商品になったとチーム全員で自信を持っています。

理想 開発チームがキンダ―フックを通して思い描くもの

「ただいまー」の元気な声で帰って来る孫がフックを好きに動かし、自分の持ち物を好きなところへかける。それを見ているママの笑顔が目に浮かびます。
そんな場面を思い描きながら 日々製造に取り組んでいます。